夏野菜の大量消費には放置レシピのラタトゥイユがおすすめ

新鮮野菜を無駄なく使おう!

おはようございます。菜園ではきゅうりがどんどんでは伸びてきています。たった一株のきゅうりの苗でしたが、きゅうりのひげを思いっきり伸ばせるように杖を広げていったらキュウリタワーみたいになりました。

そして今回の収穫は3本!当面きゅうりは途切れることはなさそうです。

オクラの花も咲きました。淡い黄色で色味は優しいのにビジュアルは南国系の華やかな感じ(笑)。オクラの原産地を調べてみたら、なるほど!アフリカ北東部ですって。

ミニトマトはトマトカーテン状態になりつつあります。これも一株です。となりのゴーヤのテリトリーを侵す勢い!そのゴーヤは摘芯してからいくらか伸びが早くなりましたが、まだまだひよっこレベル。またの機会にご紹介できればと思っています。

さて、お得意のJA旬菜館に買い出しに行って来た時には、家で作っている野菜もあったので必要なものだけ買って来ました。(当たり前か・・)

で、買い置きのズッキーニと冷凍していたパプリカの消費を狙って、今回はラタトゥイユを作るつもりで材料を仕入れてきました。ラタトゥイユ用に買ったのがトマトと茄子でした。

夏野菜の大量消費!
~放置レシピのラタトゥイユ~

では作り方のご紹介です。

①ズッキーニは4分割してから一センチほどに切ります。(もともと買い置き)

②茄子は縦に4分割してから1センチほどに切ります。水にさらしておきましょう(これは買って来ました)

③冷凍保存していた赤パプリカは1~2センチ角ほどの大きさに切ります。

④買って来た完熟トマト(しかも見切り品!)はぶつ切りにします。煮込なら完熟がおすすめです。

⑤収穫してきた胡瓜は1センチ角ほどの大きさに切ります。

⑥我が家に買い置きしていた玉ねぎは1センチ角程度に切ります。

⑦フライパンを熱し、オリーブオイルを入れてチューブニンニクも入れて香り付けし、家にあったハムは色紙切りにして、たまねぎとハムを炒めます。う~~ん、いい匂い!

⑧玉ねぎがしんなりしたら、切った野菜をどんどんフライパンに投入します。あとは火にかけておくだけ。

⑨野菜の水分と、今回は飲み残しの白ワインがあったので、それも入れて、コンソメ顆粒も入れてクツクツに混みます。

⑩あとは塩コショーで味を調えて出来上がり。

ここで終わると何の芸もありませんから、宿直勤務を見込んで何度かに分けて食べ続けるために(笑)、カレーにアレンジしてみました。アレンジと言ってもカレールーを入れて、残っていたひき肉を入れただけです。

お弁当はお洒落にしたかったので、ご飯の真ん中にくぼみを作ってカレーを入れました。


無精者なので、もう一品はいとくのチキンハウスで買ったキンカン三兄弟もいれちゃいました。

今回のお弁当はなんとなく・・・かわいい!

関連記事
あなたは私を騙そうと思っているかもしれないけど私は騙されないわ!

にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です