娘からもらったオフ日にぐるり津軽西海岸~新鮮で安い!大人気ののへ丼は間違いなかった編~

手作り海鮮丼がなんと980円!

おはようございます。娘が帰省するというので年休を取っていましたが、帰省が延期になりました。せっかく取った年休をキャンセルするのもおかしいし、いくら忙しいからと言って年休を取った日に自分の仕事をするために職場に行くのもおかしいよね!って思って、その日は娘からもらったオフ日として、日帰り旅に出ることにしました。

目的地は五所川原の海鮮丼と立佞武多の館。あとは足の向くまま気の向くまま(笑)

前回五所川原で海鮮丼を食べたのはいつだっけと思って、調べてみたら去年の4月に行ってましたね。その時は弘前でパンケーキを食べてから行ったようでした。(結構忘れている・・)題してパンケーキの後はやってまれ丼です。

やってまれ丼は、青森市古川市場ののっけ丼とシステムは同じで、白飯を買って、あとはお好みの魚介類・惣菜・地元の特産や名物をのっけて食べる丼で、立佞武多の館の至近距離にある市場中食堂で食べられます。

今回行ったのは立佞武多の館に隣接するマルコーセンター内ののへ丼。こちらものっけ丼とやってまれ丼とシステムは同じ。

入口の柱にはでど~~んと大きく「名物のへ丼」とあります。うん、間違いない!

隣には立佞武多の館があるので、すぐにわかります。

店内はさほど広くはなく、品ぞろえは普通の魚介類やお総菜、青果も販売されていますが、目につくのはのへ丼用の魚介類でした。あっ、あった!あった!!

目星をつけながらマルコーセンターの一番奥にある食堂に向かいました。

食堂では麺類やのへ丼がメニューにありました。280円??聞いてないよ~。250円じゃなかったのぉ~。と心で叫びながら、まずは280円払って、丼に入った白ごはんと松前漬けとお新香を受け取ります。

それはトレーに入れて渡されるので、トレーをテーブルに置いて場所を取っておいてから、丼だけ持って丼の具を買いに回ります。

最初に見たお刺身セット500円が良さげです。今回は奮発して200円のイクラも買い足しました。お店の人が丼にかっこよく盛りつけしてくれます。

すぐに出来上がりました。どう??おいしそうでしょ。具材はマグロ、ホタテ、サーモン、エビ、ブリ、イカ、卵の7種類とイクラです。

食べてみたら新鮮でおいしい!そしてしめて980円ですよ、奥さん!私がペロッと平らげたのは言うまでありません。

もしよかったら食べてみて下さい、五所川原の「のへ丼」と「やってまれ丼」でした。

マルコーセンターのお店情報はコチラ

住所    〒037-0063 青森県五所川原市大町506-11
TEL     0173-34-2264 
営業時間 11:00~15:00
定休日 第2日曜日・第4日曜日

営業時間・定休日は変更となる場合があるので、来店前に店舗にご確認ください。


私の津軽西海岸旅行記はコチラ

神秘の泉 十二湖の青池
北津軽の旅
五能線沿いをドライブ
乗り鉄志願?!の津軽鉄道
夕日を追いかけた五能線
津軽西海岸を行く!』
神秘の青を求めて十二湖~』
リゾートあすなろで竜飛へ
ストーブ列車初体験人情味あふれる津軽鉄道の旅

関連記事
絶品!上小阿仁で十割蕎麦とミニマグロ丼
「死ぬまでに行きたい!雲昌寺の紫陽花~まずは亀寿司食堂で腹ごしらえ~

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

「娘からもらったオフ日にぐるり津軽西海岸~新鮮で安い!大人気ののへ丼は間違いなかった編~」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です