9月からスパリゾートハワイアンズの昼のショーが変りました

テーマは『ピリカラニ~ようこそ楽園へ~』

おはようございます。フラを始めてから、スパリゾートハワイアンズのチェックも欠かさないようにしています。今日は9月から新しくなった昼のショーのご紹介です。

テーマは『ピリカラニ~ようこそ楽園へ~』

不謹慎ですけど、ピリ辛煮と誤変換しそうになりましたが、ピリカラニとはハワイ語で「天国と一緒」という意味なんだそうです。

オープニングは軽快なサンバのリズムでスタート。曲はThe Jolena Hawaiiansのハワイアンパラダイス。ハワイアンズのショーではまるでレビューを見ているようなノリですが、もともとはスローなムードたっぷりの曲です。その中でも伊東ゆかりさんのハワイアンパラダイスが素敵だったので、こちらをご覧ください。

そしてサンバタヒチへとつながっていきます。

クウプアさくらはとても新鮮でした。ハワイアンズのクウプアさくらを歌っている
ホク・ズッターマイスターはオアフ島生まれだそうですが、曲調は沖縄的。琴を使っています。3年前にリリースされた曲です。

次の曲はハワイカマハオ。この曲は2006年にリリースされたハワイ島出身のNa Palapalai(ナ・パラパライ)の曲。ギターの刻み方がとても聞きやすい、美しいメロディーの曲ですね。

さらに次の曲は同じくNa Palapalai(ナ・パラパライ)のピリ・カペケペケ。2005年のリリースでした。この曲はスローな前奏から、アップテンポなメロディーへ移り変わった時のお茶目な曲調が印象的ですね。

で、Na Palapalai(ナ・パラパライ)について調べていくうちに、Na Palapalai(ナ・パラパライ)のボーカル&ベース担当のKeao Costaが、日本ハワイアン音楽協会の名誉会員アドバイザーだということがわかりました。

日本ハワイアン音楽協会は、ハワイ及び南太平洋の文化・音楽舞踊を愛する同好の士を糾合し、 会員相互の交流と親睦をはかり、これらの発展に寄与することを目的として、1978年に設立された非営利団体なんだそうですよ。

今回は初日公演の11分08秒くらいまでの曲のご紹介でした。

以降の曲についても、追々またご紹介したいと思います。ではまた。

関連記事
今年のGWはコレだ!安近短の日本のハワイで常夏気分
いよいよスパリゾートハワイアンズへ
ワイアンズで一緒に南国体験タイム
いよいよ夜のショーが始まった
ありがとう、真里奈ちゃん
真里奈ちゃんのカマカヒキラニは輝いていた
憧れの真里奈ちゃんはどうしているものか

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です