~鮭じゃがで検証~お弁当はパターン化すると作りやすい

何も面倒なことはありません

※9月28日の記事です。

おはようございます。今日は違った切り口でお弁当の紹介をしたいと思います。まずはかつてのお弁当の写真から。

4月11日のウインナーポテト弁当(記事は4月12日)

5月28日のエビと茄子・ピーマン炒め弁当

6月2日の鶏手羽中のポン酢煮弁当

7月17日の石井精肉店の蒸し鶏弁当(記事は7月18日)

8月21日のピーマンの肉詰め弁当(記事は8月22日)

9月4日のズッキーニとエビマヨ炒め弁当(記事は9月5日)



一目瞭然だと思いますが、私のお弁当はすべてパターン化されています。たまに例外もありますが、私の中ではこのパターンが一番作りやすいのです。

まずお弁当の仕切りにはプリーツレタスか青紫蘇。この青紫蘇は我が家の菜園で採れたもので、収穫できるようになってからはずっと青紫蘇ばかり使っています。
赤い色味にはミニトマト。ミニトマトも収穫できるようになってからは菜園のを使っています。
黄色は卵料理がメイン。たまに変わり卵焼きや目玉焼き、ハムエッグになったりします。
その他は1~2品程度考えるだけのお弁当がワタシ流。

そう考えるとお弁当作りもさほど頭を悩ますことはありませんね。あるときもあるけど(笑)

それを今回は鮭じゃがで検証したいと思います。これが今日のお弁当ですが、パターン通りの青紫蘇、ミニトマト、卵焼きが入っています。その他の2品のうちの1品はスーパーで売っているハムカツで、作ったものは鮭じゃが。しっかりパターン化されています。

鮭じゃがは作り置きの鮭フレーク使用。鮭フレーク使用は2連続です。一応そのままじゃなくアレンジして使っています。(ここがポイント!)

では鮭じゃがレシピのご紹介です。

~材料は鮭とジャガイモだけの開眼!鮭じゃがレシピ~

①じゃがいもは大きめの適当な大きさに切ってラップしてレンチンします。皮を剥きやすくするためです。

②レンチンして柔らかくなったじゃがいものを一口大に切って、作り置きの鮭フレークで和えてゴマ油をタラ~っとかけて塩コショウ。更にレンチンしてもう一度和えます。冷凍パセリを散らすとあらお洒落!

今日作った気がするのはコレだけ。いかがですか?鮭じゃがで検証しましたが、本当に簡単です。

参考になればと思って、お弁当パターンを記事にさせていただきました。ではまた

鮭レシピ関連記事
お弁当屋さんみたいな鮭弁
意外と簡単鮭フレークと茄子のベーコン巻きレシピ

にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は br_c_2465_1.gif です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です