大館人なら誰もが知っている山菜・ミズのさざなみ和え

今日のお弁当 010703

※7月3日の記事を更新しています。

おはようございます。ずいぶん昔から我が家の車庫の横にミズが生えていることには気づいていましたが、我が家に生えているミズは食べるものと言う認識がなく、ただの一度も収穫したことがありませんでした。

そのミズは茎が結構太くて柔らかそうだったので、もしや??と思って初めて庭先のミズを収穫し、茎をポキポキ折りながら皮を剥き、

湯がいて、買い置きしていたさざなみで和えて、

おそるおそる食べてみたら・・やっぱミズに間違いありませんでした。

盆地で暮らし、子供の頃からミズの皮むきはしていたので、間違いはないだろうとは思っていたけど、万が一の場合も無きにしも非ず。トリカブトをヨモギと間違えるみたいな(怖っ)

そのミズのさざなみ和えを今日のお弁当にしてみました。あとは例によって例のごとく、焼き鮭を置く場所はご飯を斜めに区切ったところに合わせます。

ちょちょちょいのちょい!の無限パプリカ

もう一品のパプリカのツナ和えは無限ピーマンみたいなもの。だったら無限パプリカ??無限ピーマンは簡単だし美味しいし、それがパプリカだったら色合いもきれいでお弁当向きですよね!

余談になりますが、話題の無限ピーマンはツイッター発のレシピなんだそうです。ネーミングの由来は無限に食べ続けられるピーマンと言うことで、熱々をすぐに食べても美味しいし、冷蔵庫で一晩寝かせて味をぎゅぎゅぎゅ~っと染み込ませても美味しいです。

レシピは動画をご覧ください。その美味しさをリアルに感じていただけると思います。

私の無限パプリカは千切りしたパプリカをしんなりする程度にレンチンして、ツナをオイルごと入れてから味付けします。

そんな今日のお弁当の出来上がりです。

関連記事・阿仁合に山菜を採りに行った時に兄が聞いた、どっひゃ~~な話

にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ