青じそと梅干しで作る夏の焼きおにぎりレシピ

夏にうってつけの焼きおにぎりとは

※7月13日のお弁当記事を更新しています。

おはようございます。世の中的には3連休の方もいらっしゃると思いますが、私は仕事です。この3連休は雨模様からスタートですが、後半はお天気も回復の兆しなので、お出かけの予定の方は思う存分楽しんできてくださいね。

さて、今日の菜園ですが、全くと言っていいほど生長の遅いゴーヤの摘芯を行いました。横からぐんぐん良い芽がでてきてくれるといいな。

実は以前植え付けた長ネギがほとんどネキリ虫にやられてしまって壊滅状態となりました。それ以降は米茄子の苗を買って来て、2株ほど植え付けたんですが、

畝を掘り返していると、長ネギの根っこの部分が出てきたので、試しにまた畑の隅っこに植えてみたところ、お~~~~~~~!芽が出てきてるっ!!ネキリ虫対策すれば、このままうまく育ってくれるかもしれません。やった~!

さてとっ、話はお弁当のことになりますが、今日は勤務なのでお弁当を持って行かなくてはならず、余ったご飯を利用して焼きおにぎりを作ってみました。
夏なのに?夏だからです。

はい、夏だからこそうってつけの焼きおにぎりがあるんです。その気になるレシピのご紹介です。

~青じそと梅干しで作る夏の焼きおにぎりレシピ~

①余った冷ご飯をレンチンして、麺つゆを振りかけます。
②焼きおにぎりの具は梅干し。夏の食欲のない時にはもってこいです。

③梅干しを中に入れ麺つゆご飯をにぎり、青じそで包んでゴマ油でコーティング。
④あとはオーブントースターで焼きます。

おいしそうでしょう?コツは青しぞの葉脈の部分に切り込みを入れて、包むときにおにぎりにフィットするようにしました。

私一人のお弁当なので、もう一品、間に合わせで出来た叩きごぼうの胡麻和えのご紹介です。

~絶対失敗しない叩きごぼうの胡麻和えレシピ~

①ごぼうは皮を剥いで、水にさらし灰汁抜きをしておきます。
②それをゆがいて、私は頑丈なコップの底で叩きました。ここでストレス発散しましょう!

③あとは麺つゆと白すりごまで和えます。

これは失敗のしようがありません(笑)

これだけだと足りない気がするので、スパニッシュオムレツも作りました。

ジャガイモと冷蔵庫にあるもので
~スパニッシュオムレツレシピ~

ジャガイモを入れるとボリューミーになるので、お弁当箱を埋められます(笑)

①ジャガイモはさいの目に切ってレンチンします。
②買い置きのビアソーは色紙切り。
③長ねぎはネキリ虫にやられる前に、先を守って引き抜き、刻んで冷凍しておいたもの

④あとは卵二個を割り入れ塩で味をつけて、

⑤弱火でじっく~~り焼きます。蓋はしましょうね。また表面が乾いてきたら丁寧にひっくり返して焼きます。出来た出来た!

その出来上がったお弁当がコチラ。

実はこれにオマケがあるんです。

ジャガイモがとても大きくて、スパニッシュオムレツに使い切れなかったので、アルミ箔で包んで焼きました^^

これ、今日の宿直のおやつか夜食になります。

関連記事
あれからの野菜たち
今日のお弁当 スパニッシュオムレツレシピ
青じその和風サラダレシピ

にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ