いわき駅から湯本駅に来ました。湯本は温泉地。かつては炭鉱の町だったけれど、石炭産業の衰退とともに会社存続をかけて常磐興産株式会社が常盤ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)を立ちあげた場所です。フラダンサーは炭鉱夫の娘たち。当初は腰ふり姉ちゃんと呼ばれ、好奇の目にさらされた時代もあったそうですが、ここまで成長したパワーは計り知れませんね。

私はフラダンスを始めたきっかけで、ここに興味を持つようになり、今年の2月に初めて行って、今回2回目の訪問となりました。

当日は冴えないお天気だったものの、湯本駅前には椰子が植えられていて南国チック❤地元大館は雪国のため、椰子の木を間近にみることはありませんので、新鮮でちょっと嬉しい!また、駅前のブロンズ通りにはところどころにブロンズ像が設置されていたり、足湯もありました。

少し待ってハワイアンズ行きの無料バスに乗りました。これは従業員の通勤手段ともなっているようで、乗車したのはほとんどが従業員のようでした。

昼のショーを見るにしては、かなり余裕でハワイアンズに着きました。先にフロントで手続きを済ませ、チェックインは後回しにして、いざ昼のショーの会場となるビーチシアターへ。昼のショーは13時30分からで、それでもまだまだ時間には余裕でしたが・・今度は場所取りです。

実は週末は有料席となる場所でも平日なら無料で座れる場所があるのです。狙い目は赤い矢印の場所^^v。私はショー見るためにハワイアンズに来たので、黙って座って待っていても全く平気でした。

いよいよショーが始まりました。お気に入りのフラガールもいます。怜奈ちゃん、真里奈ちゃん、会えてよかったです!

白い衣装を着ているのが、ソロダンサーのうちのひとりのワイオリ涼子さん。癒し系の素敵なフラガールです。

私が座った場所から見ると、きれいなラインになっています。

体験コーナーの今日の担当は憧れの真里奈ちゃん。

真理奈ちゃん、決まってます。彼女のフラは全身全霊をかけた優雅なフラで、彼女自身スローな曲が好きなんだそうで、爪の先まで表現力があり、クールビューティな方で、今回私は彼女を見るために来たと言っても過言ではありませんでした。

もう一人大好きな怜奈ちゃん、決まってますね。彼女のフラはものすごく丁寧で最後の最後まで絶対気を抜かないのです。(真ん中が怜奈ちゃん)もしかしたら、ステージの裏側でも踊っているんじゃないかと私は思っています。

昼のショーのソロはマイレ瑠莉さんでした。

コレもぜひ見たかった,真里奈ちゃんのタヒチアンのイリティ

その日のあの座席は、一番近くに真里奈ちゃんを見ることができたので、本当にラッキーでした。

つづく

関連記事
今年のGWはコレだ!安近短の日本のハワイで常夏気分
ありがとう、真里奈ちゃん
憧れの真里奈ちゃんはどうしているものか・・

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です