時間のない朝に作る、時短・夏野菜カレー弁当

時間と戦い抜いた夏野菜カレーをお弁当にしました。

おはようございます。やっぱり毎日暑いです。キッチンに立っているのも苦痛になります。そんな日でもお弁当は作らなくてはなりませんが、暑さの極限状況になるとキッチンにいるのも時間との戦いになるので、今回は時短夏野菜カレーをお弁当にしました。

とにかく早く・簡単に作ることだけしか考えません。

まずは角切りベーコンと乱切りした玉ねぎ、半月切りの人参を炒めます。

炒めながら次は何をするか考えます。よし!買い置きのひき肉も投入しましょう。ここでも早く・簡単に作ることだけしか考えません。

炒めながら、考えたのが冷凍トマト!生食以外に使う以外ならトマトは丸ごと冷凍しておくのがおすすめなんだけど、その丸々一個の冷凍トマトをフライパンに入れちゃいます。

そして解凍しながら皮も剥きながら冷凍トマトも煮込みます。

煮込んでいる間に、さらに茄子の皮を剥いて切ったものをも一緒に煮込みます。あとは市販のカレールーとお水も入れて、一番最後に、前日湯がいて切っておいた糸みたいないんげんも煮込んで出来上がりです。

ごはんは枝豆と白ごまを散らしました。

ところで、その糸みたいないんげんって何?

これが噂の糸みたいないんげんで、名前は三尺いんげんといいます。叔母に枝豆のお裾分けに行ったついでにいただいてきました。これをいんげんと教えてもらわなければ、出来損ないのやせ細ったいんげんだと私は思ったことでしょう(笑)

ほら、面白いでしょ?

関連記事
夏野菜の大量消費には放置レシピのラタトゥイユがおすすめ
日曜出勤日のお弁当は簡単に済ませたい

にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ