つけ麺屋焚節の濃厚魚介らーめん

半月のレモンの意味は、チャーシューを食べてみて理解出来ました。

※12月11日の記事です。

おはようございます。例えばの話になりますが、バンドだといつも同じ弾き方をしていると、たまにはこんな風に弾いてみようとか、こんな風にアレンジしてみようかなんて思う時があります。それが不評であろうとも。

例えばの話、いつも作っているカレーに今回は何かをプラスしてみようとか、同じカレーでもスープカリーにしてみようとか、ドライカレーにしてみようとか考えたりします。

それと同じで勝手な憶測でモノを言わせていただきますが、錦グループのつけ麺のぶもそんな思いだったのかなと思いながら食べてきました。

昨日は川口方面に所用があり、家に帰る時間はないしおなかもすいたので、つけ麺のぶに行ったというわけです。

ぶっちゃけ個人的にはラーメンなるものをわざわざ汁につけて食べなくても、最初から汁をかけていればいいじゃん!と思っている派でしたので、つけ麺はオーダーしませんでした。

この感覚は、つゆ焼きそばみたいに焼きそばをつゆに浸す必要はないんじゃないかとか、焼きラーメンみたいにラーメンをわざわざ焼かなくても普通にラーメンとしてたべればいいんじゃないかとかの感覚です。

さて、お店に入りました。お店というものは殆どの場合売りというものがあるので、大きなポスターを見て、私はコレだ!と思って濃厚魚介らーめん750円をオーダーしたのでした。

濃厚魚介らーめんのビジュアルはこの通り。

麺はストレート麺で、スープは魚介とは言え煮干しみたいな臭さはなく、濃厚と言われるだけあってコクがありました。スープは麺のゆで汁を使っているのかとろ~んとして麺によく絡んでいました。

薬味はネギと玉ねぎ。この玉ねぎは甘みを出すためなんでしょうか。

半月のレモンの意味は、チャーシューを食べてみて理解出来ました。チャーシューは豚の3枚肉でちょっとくどい感じはあったのですが、レモンの風味と合わせるとしつこさが無くなりました。ここで私はスープに酢を落として食べることで、更に食べ易くなった気がしました。

魚介ラーメンは好きか嫌いか別れると思いますので、試してみたい方は食べてみるのもいいと思います。

大館関連記事
マジ邪魔なごみを捨てたい
いちえのハム卵
こばしょぐって何?
十ノ瀬藤の郷
山口製菓のアンドーナツ
必見!大館市十二所の石井精肉店の蒸し鶏
桜木屋では冷やし担々麺が始まっています
時短技でストレスのないポテトサラダレシピ
いちえのダイナマイトなかき氷
釈迦内のひまわり畑は今が見頃
枝豆の町として君臨する大館でお得に枝豆を買っちゃた話
今日は私のお誕生日だから特別記事!だけど絶対教えない!隠れ家ランチ
小笠原歯科医院の餅まきとお雑煮
・大館市が誇る花膳の鶏めし弁当の味は本物だった
喫煙席の意外な使い方と婆ちゃん人生初タピオカ
老舗割烹料理店の大鵬でお得なランチ
鶏めしの花膳は今が創業祭
寿司屋でタピる
秋北食堂のもつ煮定食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です