テイクアウト流行り?

おはようございます。新型コロナウィルスの大流行により飲食業界は大打撃!その救済措置とおうち時間の充実を図るため、最近はテイクアウト流行りとなりました。

忠犬ハチ公のふるさと・わが大館でも持ち帰りの出来るお店のリストが公開されるなど、お店の味を自宅で楽しめる美味しい情報をゲットできるようになりました。

これらのお店の中のいくつかは私も利用させてもらっていますし、実際テイクアウトして自宅でお店の味を楽しんだこともありました。

テイクアウトの決め手

つい最近だと花膳の鶏天丼とか。こちらは甘いたれが天ぷらに絡みあってとても美味しかったです。テイクアウトの決め手となるのは味もさることながら、私の場合は利便性も決め手となります。

花善の場合は店舗前に駐車場があり、テイクアウト品はテント販売でした。

これらのリストの中でももちろんテイクアウトしてみたいと思ったものもありますが、その日は雨の日で、駐車場が遠いとか駐車場がないとなると二の足踏んでしまいますし、休業日ならもちろんNGだし時間も合わなければなりません。

また待つことが嫌いな私にとっては「お時間が30分ほどかかりますがよろしいでしょうか」と言われてしまうと、「じゃあ、いいや。」となってしまいます。行き当たりばったりが多いので予約するのもめんどくさっ。

2日前にテイクアウト狙いで赤からに入った時にも、やはり「少々お時間がかかります」と言われ、「だったらお店で食べちゃおう」って思って行きがかり上伊勢海老酸辣湯を食べたわけなんですが、それはまるで動機が不純でしたね(笑)

牛カルビ弁当をテイクアウト

食べても食べても減らない伊勢海老酸辣湯をすすりながら、「せっかくなのでお弁当もテイクアウトしちゃおう!」って神の声が聞こえたために、その日私はテイクアウトもすることにしました。テイクアウトメニューはご覧の通り。

すご~く気になったのが厚切り牛タン弁当でしたけど、昼は外食、夜はテイクアウトは贅沢すぎるんじゃないかと思い、また、その日は美容院に行く予定もあったので、お金使い過ぎ!と思って牛カルビ弁当税込み500円にしました。

メニューに写真がついていれば納得していたと思いますが、想像していたのとはちょっと違ったお弁当でした。これだとカルビ丼と言った方がしっくりきます。煮卵はうれしいね!

牛カルビ弁当で税込み500円なのでそれなりでしたが、気分はちょっとリッチになりました。今度は厚切り牛タン弁当かな。厚切り牛タン弁当は塩味であることを願う。

追伸 焼きタケノコは絶品だった

牛カルビ弁当は夕飯に食べましたが、いただき物の根曲がり竹があったので、焼きタケノコも夕飯にしました。焼きタケノコは皮付きのまま焼くだけ。皮がタケノコを蒸すような形になるのでホクホクして美味しかったです。

マヨネーズをつけてパクリッ!

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です