明けの朝

おはようございます。宿直明けは朝の6時から勤務になるので朝食はパパっと簡単にパンとかおにぎりで済ませることが多く、時間も朝の6時前には食べないといけません。その日は朝にしては重いはずの山口製菓のアンドーナツをにが~いコーヒーでいとも簡単に平らげてしまいました。

私の胃袋ってホント!汎用性のある胃袋だと思ってしまいます。胃カメラを飲んだ時には内科医に「きれいな胃袋ですね~」と褒められたこともありました。

ボリュームには定評のある高田屋食堂

退勤後は案の定11時にもなっていなかったのにガッツリしたものが食べたくなり、久しぶりに大館駅近くの高田屋食堂に行くことにしました。高田屋食堂は4月以来です。

その高田屋食堂はかつては頼んでいないものもバンバン出てくるという噂の食堂で、現に息子のバスケット部がらみの飲み会で高田屋食堂に行った時には鶏肉を煮たのだとか缶コーヒーをもらったこともありました。かなり昔の話ですけど。

下の写真は4月に行った時の肉ランチでそのときは油淋鶏でした。これでもものすごいボリュームでひぃひぃ言いながら食べてきたんだけど、

久しぶりに訪れた高田屋食堂で今回私がオーダーしたのもやっぱりBランチの肉!ガッツリ食べたいときは体が肉を欲しがります。

そして出てきた肉ランチがコレ!思わず二度見してしまいました。だってこのボリュームですよ!

食い逃げレベルでボリューミーな高田屋食堂のBランチ

話題のBランチのメインディッシュはチキンソテーとチューリップのさっぱり煮でした。あ~、コレだ!ずっと前に出て来てたのがチューリップのさっぱり煮だったっけ。

チキンソテーはかなり時間をかけて焼いていたようで、皮がパリッパリしている割に身はジューシー。皮が肉汁を閉じ込めてくれてるんでしょうね。コレでも鶏もも肉を一枚使ってるだろうに、

メインディッシュ二つ目はチューリップのさっぱり煮で少し甘めに下味がつけられてあり、一口頬張れば肉が骨からほろりと落ちるくらい柔らかく煮込んでありました。それがなんと5本も!

日替わりランチは税込み700円ですので、よく言えば食い逃げレベルのボリューム、悪く言えばケンカ売ってる?状態のメインディッシュでした。サイドメニューも充実していて、いつもの三連皿には、



私好みの口当たりの良いもやしとほうれん草とハムの和え物と、

ちょっと凍ってて冷や冷やのマグロの赤身二切れ、これは醤油で少し漬けにしてから温かいご飯に乗せて食べました。

またシューマイと、小さな穴っこにきゅうりとたらこを詰めたちくわがひと切れずつ。それだけでも女子って嬉しいよね!

ご飯は普通盛りでも大茶碗なのに、100円増しの大盛だといったいどうなんだろう??って思いますが、私は怖くて絶対頼めません。

最後に高田屋食堂のラインナップです。

いつかまたガッツリ食べたくなった日に訪れたいと思います。またそれなりの覚悟はしないといけません。

高田屋食堂のお店情報

●住  所 秋田県大館市御成町1-7-30
●電話番号 0186-42-0838
●営業時間 営業時間11:30~14:00
          17:00~21:00
●定休日  月曜日

関連記事

にほんブログ村
人気ブグランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です