おはようございます。先日おっとうが単身赴任のため千葉に向かいました。勤務先は東京ですが寮が千葉なんだそうです。私は私でこれ幸いとばかりにおっとうの車にちゃっかり乗って、見送りと言う名の一泊旅行に行ってきました。今日はその塩釜街歩き編です。

塩釜神社から下りました。ホテルのチェックインにはまだ時間があったので塩釜の街歩きをすることにしました。

私が旅に出た時にはパンフレットを入手して行きたいところを捜します。今回も塩ナビぶらぶらりんマップとにらめっこして、行きたいと思ったところを見つけました。マップの左下の赤丸のところ、権現堂浄水場でした。

ところがそこは高台にあってどこの道を行けばいいのかがわからず、ここかな?と思う小路を登って行きました。


浄水場が開門してあったので何気に入って行ったら、浄水場の職員に呼び止められました。「ここ、立ち入り禁止なんですよ~」って。何しろ塩釜神社に行った後に坂道の小路を登って来たので、気分は「そんなぁあ~~~~」でした。

浄水場の更に高台には小さなほこらがあって、権現堂浄水場はそのほこらの横からチラッと見ただけで終わってきました。

あまりにも遠すぎる!

これは拾い画像ですが、権現堂浄水場は慢性的な水不足を解消するため 明治23年上水道工事に着手、 明治45年に近代的水道施設が完成しました。本塩釜市水道創設期を物語る歴史的建造物なのだそうです。軒先のレースみたいなのがお洒落ですね。

権現堂浄水場からまた下って今度は本当の街歩きです。これは阿部勘酒造。こんな町並みにそそられます。

あっ!塩釜神社の女坂へ通じる鳥居です。でも女坂をだらだら上った経験者からすると、男坂を一気に登ったほうが疲労感が少なかった気がします。

ここはお茶屋さんの蔵のようでした。

丹六園は、お菓子屋さんであり瀬戸物屋さんでもあります。こちらは銘菓『志ほがま』を作っているお店で『志ほがま』は落雁のようなものでしょうか。

また丹六園の道路を挟んだ向かい側あたりには大正蔵という酒蔵があります。インパクト大!

3回連続で立ち寄ったのが仙台みそ醸造元の太田屋さん。

3回連続で今回もみそジェラートをいただきました。ここでリアルに消費税10%のあおりを受けました。店内飲食だと消費税が10パーセントと言われ、テイクアウトして道路沿いのベンチに腰掛けて食べました。しょっぱ甘くておいしい。そしてちょっと恥ずかしかった・・

塩釜はこの他にも旧亀井邸や旧ゑびや旅館など、眺めてうっとりの歴史的建造物がたくさんあります。どちらも過去に見たことがあったので今回はスルーしました。

その日のホテルにチェックインするためにスマホナビを頼りに歩いていたら、小さな素敵な公園を発見!船の形の滑り台でした。塩釜らしいですね。

道すがら市役所の前を通ったら、マグロが乗っているポストがありました。




大館市役所の前にはハチ公が乗ったポストがあるので、これって流行りなの??って思っちゃいました。

さて、ホテルに着きました。旅行記はまだまだ続きます。

関連記事
見送りと言う名の一泊旅行~ただいま編~
見送りという名の一泊旅行~塩釜神社編~


にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

「見送りと言う名の一泊旅行~塩釜街歩き編~」に2件のコメントがあります

  1. 街歩きは楽しいですね。
    浄水場、案内板に出ているのなら、普通立ち入り禁止だったら表示がありそうですね。
    千葉は関東水害で大打撃ですが、おっとうの寮は大丈夫かな?

    1. Daimalさん

      浄水場の目の前に立ち入り禁止の看板があった気がしましたが行ってみました(笑)
      それこそ塩釜ぶらぶらりんマップに書いて欲しかったと思います。
      おっとうの寮は大丈夫みたい。
      しかも、今の3連休で帰省中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です