せっかくなのでランチでも

おはようございます。大館めんちゃんねるにお付き合いいただいている方には周知のことと思いますが、私はフラダンスを習っていて、土曜日には北秋田市の栄公民館でも練習をしています。出来る限り練習をしないと私、

ズバリ!踊りを忘れてしまうからなのです!

宿直明けの某日のこと、一旦帰宅してからだと時間がギリになってしまうので、その時は退勤後まっすぐ北秋田市に行くことにしました。せっかくなのでランチでも食べちゃおうという魂胆もありました。

パリスタ飯店見つけた

地元の人間じゃないので北秋田市情報には疎く、調べに調べてここだ!と思ったお店が老舗中華料理店のパリスタ飯店でした。以前もこのお店に来たいと思って探したことがありましたが、その時は店を見つけることが出来ずに断念。ナビを使ってもです!

とうとう見つけたパリスタ飯店は一方通行の細い路地にありました。あ゛~これだもの探せなかったわけだ!

通りは細かったけど駐車場はお店の隣にあり結構な広さもあるので、早めに行けば駐車場は問題なし。(これポイント☝)

お店の開店は11時30分。私がお店に着いたのは11時33分!私が4席ある小上がりに座ったところで後ろの人が入口待機になりました。なんとラッキーなこと!オーダーした牛筋湯麺を待っている間も客足は途切れることはありませんでした。

牛筋湯麺実食

牛筋湯麺は1100円也。メニューの中ではお値段お高めですが、普段私は大根の皮も食べている人なので、この時ぞとばかりに何の迷いもなくコレに決めました。もちろん食べたかったからオーダーしたわけではありますが。

牛筋湯麺が来ました。何かの写真で見た通りの私の好きなあんかけタイプ❤あんかけは食べても食べても減らない魔法のラーメン。

まずはスープをすくって一口飲んでみました。あんかけをよけて底のスープをです。それはあっさりしたスープでした。ところがあんかけを口に入れてみると、濃厚な牛肉の風味が口に広がりました。間違いなく牛肉っていう感じ。

あんかけの中にはゴロゴロ牛スジ肉が入っていてその食感は柔らかく、ほろほろと口の中で崩れていきました。スジ肉のためちょっと歯に挟まりやすいのはご愛敬です。

この牛スジ肉の何か懐かしい感じは何??って思ったら、つい先日大館の焼肉南大門で食べたカルビラーメンの牛肉の食感。もちろん味は違います。

牛筋湯麺は小細工のないストレートな味とでも言いましょうか、特に変わった調味料を使っている感じはなくて素朴な味。あんかけに閉じ込められた長ネギは完璧に火が通っているので舌に触ることはなく、それが自然な甘みを引き出しているのかも。

あんかけの中心に鎮座する肉厚のしいたけはそぎ切りにされていて、口に入れるとしいたけの風味が濃ゆい!(笑)肉厚なので食べ応えもある!

また、案の定牛筋湯麺は食べても食べても減らない魔法のラーメンで、完食する頃にはおなかがパンパンになりました。

ここのお店の魅力は素朴な味とアットホームな雰囲気でしょうか。土曜日のせいもあったかもしれませんが、家族連れが多かったのがその証拠。私がお店を出た時には更に長い行列が出来ていました。

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です