おはようございます。ワタクシ事ではありますが、変則勤務がいい時も悪い時もあります。ブログを更新し続ける上では私の場合、普通勤務があまりよろしくない。普通勤務だと朝の時間が短くなるためなのです。

記事は前もって書いておき予約投稿するだけなのですが、なにせ誤字脱字が多くて一度で記事が書けない。文才もない。なのでいつも記事を更新してから間違いに気がつきます。朝は記事の手直しをする大切な時間となっているのです。

それに加えて夜にフラダンスの練習がある時には前夜のうちに記事を書いておくことが出来なくなる時もあります。なおさら記事が書けない。だったら書くなよ!っていう話にもなりますが、昨年の4月11日より記事を毎日更新し続けているので今更辞めるわけにもいきません。

また記事の大半がお弁当記事(またはお料理記事)のため、料理をしないわけにもいきません。そんな時の強い味方がパパっと簡単スイッチオンだけの炊飯器で作るご飯もの。

今回も時間を生み出すために、炊飯器でタンドリーチキンライスを作ってみました。

パパっと簡単!味はGOODな炊飯器でタンドリーチキンライスレシピ

タンドリーチキンはインド料理のひとつで、ヨーグルト、カシューナッツペースト、塩などの調味料と、コショー、赤唐辛子、ウコン、ニンニク、ショウガなどの香辛料などに肉を半日ほど漬け込んだ後で香ばしく焼きあげたもの。(Wikipediaより抜粋)

材料は簡単に揃えられるものばかりです。今回はこのタンドリーチキンをご飯と一緒に炊いてしまうという必殺技を使いました。時短時短です。ではレシピの紹介です。

①今回はヘルシー&安価な鶏もも肉を使用。鶏もも肉は食べやすい大きさに切っておきます。さぁ、下味をつけますよ。

②下味は塩コショーと、

③チューブニンニクとチューブショウガと、

④カレーパウダーと

⑤ケチャップとヨーグルト(無糖のもの)を

⑥ナイロン袋に入れてモミモミします。ちょっと時間を置いた方が味がなじみます。

⑦白米を普通に研いだものに気持ち水は少なめにして、ブイヨンとカレーパウダーを入れてかき混ぜ、その上に下味をつけた鶏もも肉を乗せます。

⑧普通にご飯を炊いたら鶏もも肉をいったん取り出し、ご飯の味付けの総仕上げをします。私は調味料はいつも目分量なので、薄味にして、後から味の修正することが多々あります。今回もです。

やっぱり味が薄かったので、ケチャップと塩コショーと風味づけにバターも足してかき混ぜます。

⑨あとはご飯を器に盛り、その上に一緒に炊いたタンドリーチキンを乗せて、冷凍パセリをトッピング。付け合わせには凍ったままのブロッコリーを添えてみました。

鶏もも肉は焼いたわけではないので、香ばしさには欠けるかもしれませんが、手軽に出来るというのは最大のメリットになりますね。気になるお味の方はよろしいかと思います(笑)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です