もはや他人事ではなくなりました

おはようございます。もはや他人事ではなくなりました。とうとう大館市内でも新型コロナウィルスの感染者が出たためです。自分でももらわない、うつさない最善の努力をするしかありません。

その一つにマスクの着用がありますが、ここでマスクについて疑問視するところは、果たしてマスクは感染予防の効果があるかということです。

経済産業省HPの咳エチケットで感染拡大防止によると・・

マスクの表面は、汚れていると考え、触らないようにしましょう。また触ってしまった場合には手洗いをしましょう。感染している人からの飛沫を防ぐ効果は期待できないので、過信しないようにしてください。マスクは、症状等ある方が飛沫によって他人に感染させないために有効です。一方で、他人からの飛沫を防ぐ予防効果は相当混み合っていない限り、あまり認められていません。

とあります。

効果があるんだかないんだかよくわかりませんね。

ただ少なくとも自分の飛沫(くしゃみなどの飛び散り)を抑える効果はありそうです。なのでマスクはないよりはあったほうがいい。ところがどこのお店に行ってもマスクは品切れ。私も何度もドラッグストアだとかホームセンター、ショッピングセンターに足を運びました。こんな苦労をしたこともありました。

こんな苦労も

こうなるとマスクは作るしかありません。

こうなるとマスクは作るしかありません。なのに作るにしても、その材料さえ手に入らず・・実際のところ、私がダイソーに足を運んだ時には、当然のことながらマスクは売ってない、ガーゼも売ってない、ガーゼの代わりの手ぬぐいはないわけではないが、全く仕事用には不向きの柄物ばかりが残っている。

品薄状態等とはいえ、ある程度TPOもわきまえないといけませんからね。

私はとりあえずダイソーの店内を何度も巡回しましたが、私と同じように店内を巡回する人チラホラ。で、衛生用品売り場だとか手芸用品売り場に限ってその人たちと遭遇するので、同じことを考えていることがわかりました。

だったらそれに代わるものを探せばいい

ところが私は転んでもタダでは起きたくない人。私はさらに店内を巡回し、あることに気がつきました。ガーゼや手ぬぐいがないんだったら、それに代わるものを探せばいいことを💡

見方を変えてみたら結構あることに気がつきました。例えば、礼装用の真っ白いハンカチ。不織布で出来た衣類カバー。キッチンクロス。薄手の木綿のカフェカーテン、木綿の真っ白い下着。ちょっと無理あるものもなくはないですが、この非常時ですよ。

と考えると、これらもアリでしょう!

またマスクに使うゴムひもも品薄状態。だったらそれに代わるものはないかと調べたら、なんと!ストッキングがありました。ストッキングを縦に切って引っ張ると、クルクルっとなってゴム状のものが出来上がります。それを輪にすればゴムひもの立派な代用品になるのです。(へ~そうなんだぁ)

マスクの作り方については、立体的なもの、ヒダヒダに折ったもの、縫わないでできる簡易マスクなどいろいろありますが、あとはヤル気次第だと思いますので、ご自分に合った作り方をされてみるのがいいと思います。

参考までに、マスクの作り方の動画をいくつか貼り付けておきますね。

手作りマスクのいいところ、悪いところ

それと私が思う、手作りマスクのいいところ悪いところも考察してみましたので、それを付け加えておきます。

・立体型は手縫いもできるようですが、よほど不器用な方には縫うのはちょっと大変だと思います。

・ハンカチ等を折って作った縫わないマスクは、ゴムひもの再利用が簡単。装着には若干手間がかかる。装着をしていて型崩れしやすい。もともと一枚の布なので洗濯が楽ちん。

・ヒダヒダに折ったマスクは、ヒダヒダを作るのが割と大変。アイロン必須。生地によっては厚ぼったくなる。

・立体マスクはある程度伸縮性のある素材を使わないといけないため、生地は厚めのものとなり、夏場は超暑い。マスクとしては密閉性がよさそう。

いかがですか?あとはあなたの価値観だけの問題です。

手作り関連記事

にほんブログ村
人気ブグランキング

「ダイソーにガーゼがなくても手ぬぐいがなくてもマスクは作れる!」に2件のコメントがあります

    1. さんきちどん

      (生まれてなかったけど)戦時中を考えると、物資の調達はこれくらいなら屁の河童だよね。
      ただコロナの影響が続くと物資の供給も危機的状況になると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です