今年は暖冬?厳冬?

おはようございます。一人暮らしになってから1年がたちました。一人暮らし1年目は幸いなことに雪が少ない年で楽をさせてもらいました。

今年は暖冬になるか厳冬になるかいろいろな説がありますが、「カメムシが大発生するとその冬には厳冬大雪になる」という昔からの言い伝えがあります。今年の我が家のカメムシの出没数から考えると暖冬のような気もしますが、それはお天道様次第なので冬を越してみないとわかりません。ただ少なくとも確実に冬はやってくるし、確実に寒い日は続きます。

今年の暖房対策は?

我が家の今年の暖房対策はこたつと石油ファンヒーターのはずが、数日前にふと暖房費節約のため反射式石油ストーブもいいかなと思い始め、気がついたらメルカリで新品の反射式石油ストーブを購入していました。

メルカリでは時期的なこともありますが野菜や果物を買うこともできるし、中古品のみならず新品を買うこともできるし、今回は新品の反射式石油ストーブを買うことが出来ました。しかも格安。商品の保証にこだわらなければ全然使えます。

一応私がメルカリを利用する時は、相手の評価を見ることと高額なものは買わないという自分なりの決まりごとの中で買い物をしています。ここがポイント!!さて、ストーブが届きましたよ。

ストーブが来た!

ストーブは新品だったため新品のように当たり前に梱包されていました。いよいよ反射式石油ストーブ生活が始まります。子供のころはFF式だとかファンヒーターに憧れましたけど、結局はこっちになりました。

初日は簡単に鍋物をして食べたものの私のことだから酔っぱらって転んだりしないように、まずはストーブガードの方が先決と思い、ストーブガードを作ることにしました。ストーブガードは市販のものもありますが、我が家には60×40ほどのワイヤーネットが2枚あったため、それを利用することにしました。

もちろんそれだけでは出来ないので材料はダイソーに買い足しに行きました。

ストーブガード製作

ストーブガード製作の材料は60×40くらいのワイヤーネット4枚と、60×20くらいのワイヤーネット1枚。ワイヤータイ適宜またはダブルクリップ適宜。

①60×20ほどのワイヤーネットをストーブの下に敷きます。これは絶対やらないといけません。敷くことでストーブが固定できるのです。

②サイドのワイヤーネットをつないでいきます。我が家には余ったワイヤータイがあったのそれで結わえて行きました。サイドのワイヤーネットは縦長に置きます。

③前後には横長にワイヤーーネットをつないでいきます。

④こんなふうにです。点火ボタンの部分を開けるように上の高さに合わせて結わえました。

上から見たところ。これはすっごく簡単に出来ますし、作る時には逆さの状態にして作ると更に簡単です。

また我が家にあるダブルクリップで止めてみたら、これも簡単ですごくよかったです。

鍋つかみをすぐ使える状態にしたかったので再度の後ろ側にS字フックを取り付け、鍋つかみもぶら下げてみました。危険なので絶対サイドの後ろ側に設置しましょう。

天板も大事にしたい!

せっかくの新品ストーブですもの、天板も大事にしたいと思ってダイソーから特大サイズのアルミ製トレーを一枚買っていました。

それをストーブの上に乗せました。コレで吹きこぼれ対策が出来ました。

初クッキングは串に刺さない焼き鳥

①初クッキングは(本当はすでに水ギョーザ鍋を作っている)串に刺さない焼き鳥。焼き鳥のたれに漬け込んだ鶏もも肉一枚を用意。

②サラダ油を敷いたフライパンをストーブに乗せて、フライパンの中には鶏肉と4~5センチに切った長ネギを入れてあとは放置。

③おもて面から焼きましたがおもて面が焼けたらひっくり返します。ヤバい!既においしそう❤

さらには冷ご飯をストーブのオイルタンク側にポンと置いておいて、

収穫したさつまいもは良く洗って濡れたキッチンペーパーで包み、

更にアルミホイルで包んでストーブの上に置いておいただけで、(時間はかかります)

ホックホク~❤

夕飯には頂き物のキムチも。

なんか豊かなストーブライフになりそうです。

注意点

ここで注意点。確かにストーブライフは豊かにも思えますが、今は時間をお金で買う時代。忙しいときには反射式ストーブでは調理が間に合わないこともありますし、オイルタンクも小さめなのでマメに給油をしなくてはなりません。

なので私は必要に応じてファンヒーターとのダブル利用をすることにしました。案の定今はガンガンファンヒーターかけてます(笑)

いいことだらけでもない反射式石油ストーブライフに興味のある方はどうぞ参考に。

関連記事

にほんブログ村
おうちごはんランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です