おはようございます。先日おっとうが単身赴任のため千葉に向かいました。勤務先は東京ですが寮が千葉なんだそうです。私は私でこれ幸いとばかりにおっとうの車にちゃっかり乗って、見送りと言う名の一泊旅行に行ってきました。今日は仙台うみの杜水族館編その1です。

塩釜水産物仲卸市場をあとにしました。うみの杜水族館へは最寄りの東塩釜駅から仙石線に乗って中野栄駅で下車します。東塩釜駅のホームに出ると一番先に目に飛び込んできたのは・・、さんだらぼっちのとんぼ(写真右)


どんどん先に進んで行くと、この着物のお姉さんがさんだらぼっちのお志摩さん。

更に進んで行くとサイボーグ009の車両になります。

この際だからと車両の先端まで行きました。それこそサイボーグ009の島村ジョーです。電車はマンガッタンライナー2と言うそうです。

ちなみにマンガッタンライナーは、2003年3月22日に仙台と石巻を結ぶJR仙石線に初めて登場したそうです。私が乗ったマンガッタンライナー2は2008年(平成20年)9月13日から運行スタートで、初の全面フルラッピングのマンガ列車だとか。

私はこの電車に乗ることを目論んでいたわけではなかったので、得した気分になりました。旅はこうでなくっちゃ!

10分ほど電車に揺られ中野栄駅で降車しました。駅前から徒歩約15分で仙台うみの杜水族館に着きますが、私は中野栄駅前から無料シャトルバスに乗って水族館へ向かいました。無料シャトルバスもすごくかわいい。

無料シャトルバスは一時間に2本あり10分ほどで到着します。12時から13時の便はありません。これは水族館の陰謀だ!っと後で痛感するのでありますが、それは次回に種明かししましょう。

水族館前に来ました。私はお得に入場券を買うために窓口に行きました。入場券の自動販売機もあります。

仙台うみの杜水族館の利用料金は大人ひとり通常2200円。ラインのお友達になると200円お安く入場券を買うことができました。その他にもお安くする方法はあるようですが、そればかりに執念を燃やすのもちょっとね~・・・・

では、うみの杜水族館にレッツゴー!

見送りと言う名の一泊旅行~仙台うみの杜水族館編~その2に続く。

関連記事
見送りと言う名の一泊旅行~ただいま編~
見送りと言う名の一泊旅行~塩釜神社編~
見送りと言う名の一泊旅行~塩釜街歩き編~
見送りという名の一泊旅行~円通院のライトアップ編~
見送りという名の一泊旅行~利久の牛タン編~
見送りという名の一泊旅行~塩釜水産物仲卸市場編~

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です