※4月10日の記事です。

休業要請ですって!どうなる日本

おはようごさいます。私は連休につきダラダラしながら、小池都知事の会見を見ながらお昼ご飯を食べていました。明日から都では休業要請だそうです。その業種の発表もしているところです。

その日のお昼ご飯は焼うどん。ルクエを使った焼うどんです。

その焼うどんに冷凍保存していたウインナーソーセージを使ったんですが、それがしょっぱくてしょっぱくて。そこで私、思い出したことがあったので、今日は焼うどんレシピの他に塩分の話についても書きたいと思います。

減塩生活について

私は日頃より塩分は控えめな生活をしていて、生野菜など調味料無しで食べるのも全然平気。出店で売っているようなフランクフルトソーセージに棒を刺したものなどは、塩辛くて仕方がありません。ケチャップをつけると塩分が目立たない?(わかりにくい)けど確実にしょっぱいです。

私はそんな舌の持ち主ですので削り節の塩分も感じるし、数年前には午後の紅茶の塩分も感じ取ることができました。その時は久しぶりに午後の紅茶(ミルクティー)を飲みました。ラベルを見てもらうとわかると思いますが、午後の紅茶には食塩が含まれているのです。

ほら、見て!写真はちょっと古いけど、この通りです。

また、その記事についてはアメブロのめんちゃんのどれみふぁ日記をご覧ください。

私もね、冷凍保存していたウインナーソーセージがしょっぱかったことを忘れていたんだけど、それがわかっていたら焼きそばソースを加減したのにと反省しました。

ちなみにカップラーメンの減塩については、粉のラーメンスープを最初から残した上でお湯は多めに入れ、汁は残すなどで、少しでも減塩対策が出来ます。

逆に今回作った焼うどんのソースは、焼きそばを作った時に残しておいたもの。一応そんな節約もしています(笑)

ルクエ大活躍中!レンチンで焼うどんレシピ

ではルクエを使った焼うどんのレシピをご紹介したいと思います。ルクエのスチームケースを利用しているので、作業はレンチンだけです。

①ルクエに生うどんを入れて、粉タイプの焼きそばソースをふりかけます。

②お昼だったので、極力切る作業はしたくなかったので、まずは冷凍保存していたウインナーソーセージを乗せて

③ホームフリージングしていたエノキダケも乗せて、

④切る作業はしたくないといった割にはピーマンを千切りにして乗せて、

⑤冷凍コーンも乗せて(これは今日使い切りました^^)

⑥サラダ油をタラ~っとかけてあとはレンチンしてかきまぜると、ルクエで焼うどんが出来上がりました。

出来上がってから気がついたことは、冷凍するときに私、切り目を入れていたんですね。

ルクエを使った焼うどんのご紹介でした。

ルクエ関連記事

にほんブログ村
節約弁当ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です