2月2日の体重-2.9kg(11月19日を基準とする)

暇を持て余している一人暮らし?

おはようございます。おっとう(夫)が単身赴任中の身としては、家のことをやってしまえば時間はたっぷりあり、その時間についてはこうやってブログを書いたり、フラダンスの練習をしたり、ユーチューブを見たりして過ごしています。

ブログは昨年の4月11日から一日たりとも欠かさずに更新していて、我ながらエライ!と思っている(笑)

こう見えて日々のネタにも苦労し、記事ひとつ書くのにも2~3時間かかることもあり、1時間で記事を書き上げることは・・・まずないな(笑)

そんな時は私って、自分の能力に見合ってないことをしてるんじゃない?って自責の念に駆られることも。

フラダンスについては2月23日の発表会に向けて練習と同時にダイエットもしていて、ダイエットの経過は記事を更新するたびに体重を記載しているのでお気づきかと思います。

居間にはどデカい姿見を用意していて、自分の姿が映るたびにフラのポーズをしてみるんだけど、

自分に酔いたくても、一生酔えない私がいつも映っています・・・・

一緒にフラダンスを踊るリロとスティッチ| キャステル | CASTEL ...

ユーチューブはネットサーフィンで、割と良く見るのがこれもフラダンスの動画とか、暮らしの動画とか、料理の動画かな。

これだ!

さて、いつものように料理動画をネットサーフィンしていたら、ある動画を見つけました。

大阪名物キャベツ焼ですと?

キャベツ焼を簡単説明するとしたら、肉や魚介が入っていないキャベツだけのお好み焼きとでもいいましょうか。

居ても立っても居られたけど、その思いを捨て切れない私はその材料だけは買い揃えていたのでした。

そして晴れて今日、作る日を迎えたのでした。

拍手している手(音)2

マイアレンジのキャベツ焼レシピ

作り方は動画を参考にしながら自分でアレンジも加えた作り方。まずはその簡単レシピのご紹介です。


①キャベツを千切りにして水に放し、パリッとさせておきます。


②お好み焼き粉を水と卵で溶いて、


③サラダ油を熱した大きめのフライパンに生地を流し入れ、


④キャベツと天かすも乗せて、


⑤卵も乗せて


⑥卵は半熟状態で生地が焼けたら半分に折ります。


⑦お皿に盛ってソース、鰹節、マヨネーズをトッピングして出来上がり。青のりがなかったため乾燥パセリを振る。


気になるお味は、私が目論んでいた通りの卵は半熟状態。とろ~りと流れ出る半熟卵をお好み焼き生地で拭いながら食べると、普通のお好み焼きよりはあっさりしてるけど卵がマイルドでボリュームもある逸品。満足のいく朝食になりました。

はい、朝からキャベツ焼です。


スープは残し物の春雨スープで。

小麦粉なしのキャベツ焼レシピも

また同じキャベツ焼でも小麦粉を使わず、片栗粉を使ったさらにヘルシーなキャベツ焼のレシピも見つけました。

見た目もまるで普通のキャベツ焼き❤

食べる薬と言われているキャベツの効能効果

キャベツから発見されたビタミンUは別名キャベジンとも呼ばれており、胃腸薬としても知られています。 胃腸の他にも、糖尿病や便秘、吹き出物、泌尿器系の疾患に薬効があるとされており、止血や痛み止めの効果も期待できると言われています。 また、ガンの発生を抑える効果があるとも言われています。

また何よりもビタミンCを多く含み、食物繊維が多いところもダイエット向きと言えましょう。


そう考えるとキャベツは日々の食事に取り入れたいダイエットフードですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です