1月13日の体重-2.8kg(11月19日を基準とする)

カレー風味の脂肪燃焼スープ

おはようございます。1月8日にまた脂肪燃焼スープを食べ始め、昨日無事に大鍋ひとつを完食しました。今まで脂肪燃焼スープが続かなかった理由が味に飽きてしまったためと気がついてからは、アノ手コノ手で味変を楽しむ毎日です。

大鍋ひとつと言ってもその大鍋は我が家できりたんぽ鍋の鶏がらスープを取るために使っていた鍋で、一人で完食するにはあり得ない量の脂肪燃焼スープを作っていました。なんてったって使った材料は、トマト缶2缶、きゃべつ半玉、玉ねぎ2個、ピーマン3個、セロリ2本分でしたから。

完食のメドが立った時に私がした味変はカレー風味。脂肪燃焼スープはトマト缶を使っているのでカレー風味にすると味そのものはトマトカレー。キャベツも入っていますが全く味の邪魔にもなりません。

味変は市販のカレールーを脂肪燃焼スープに入れただけ。これほど簡単に味変できるのですからカレールーすげぇ~!

脂肪燃焼フジリ

ただカレー風味にしてしまうと炭水化物が欲しくなります。久しぶりにご飯を炊こうかとも思いましたけど、買い置きのフジリがあったことを思い出し、スープに入れて食べることにしました。

フジリをスープに入れて食べようと思ったのは、釈迦内ビックでこのシリーズが特売になっていた時に、全種類を買って日替わりで食べていたことがあったから。

スープパスタを軽めの食事と考えるならばちょうどいいボリューム感なので、これをヒントに脂肪燃焼スープにもフジリを入れてみることにしたのでした。

フジリも90秒茹でるだけの早ゆでタイプ。これなら何の苦労もありません。

しか~しお弁当に持っていった時にはもしやと思ったけど、やっぱりぶよぶよに伸びてました(笑)ブログはね、いいことばっかりじゃないのよ!あははは

スタンプ 落ち込みの画像1点|完全無料画像検索のプリ画像💓byGMO

レモンの砂糖漬けレシピ

でもこっちの方は自信をもってご紹介したい逸品!実は塩麴レモンを作っていた時にまだレモンが残っていたのでレモンの砂糖漬けも作っていました。だってメルカリで買ったレモンが超格安でモノもよくって大量だったんですもの。

メルカリでは何と!お米とか、野菜とか、フルーツなども買えるんです。お店みたいに必ず揃う確約はないけれど、使いようによってはすごくお得なので参考までに。

そのレモンの砂糖漬けのレシピはありのままなんだけど、
①空き瓶は煮沸消毒しておきます。
②メルカリで買ったノーワックスの国産レモンは良く洗って皮ごと輪切りにします。
③空き瓶に輪切りレモン、砂糖、輪切りレモン、砂糖、輪切りレモン、砂糖と積み重ねて蓋をするだけ。
④時々逆さにしながら放置するだけで砂糖が溶けて、じんわりレモン風味のシロップが出来あがります。

レモンの砂糖漬けヨーグルト

いい具合に出来上がったレモンの砂糖漬けをヨーグルトにかけて食べてみたら・・

ヨーグルトは無糖のため結構酸っぱいせいか、レモンシロップの酸味はあまり感じることなく風味だけ残るような美味しさ❤

これはしてやったりのレモンの砂糖漬けヨーグルトでした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です