1月8日の体重-2.0kg(11月19日を基準とする)

塩麴レモンの出来具合

おはようございます。塩麴レモンを作ってから1週間になりました。本当は塩麴レモンは一日一回はスプーンでかき混ぜるみたいなんだけど、この私がそんなことするわけがありません(キッパリ!)私がやったのは瓶を何度か振ったりひっくり返したりしたことぐらい。そういう人なんです私。

肝心の塩麴レモンは良い香りが漂い、いい具合にドロドロになっています。すでにこの瓶の塩麴レモンは1/3ぐらい使ってますが。

ちなみに塩麴レモンの作り方はコチラをご覧ください。

せっかく作った塩麴レモンですので、何度かは塩麴レモン炭酸水も飲みましたが、液体に麹のぶつぶつが浮いている状態。まっ、そこは気にしなければそれはそれでいいのですが、何かもっといいレシピはないかな~と考えていたら私、閃きましたよ(ぴっか~ん💡)

実は我が家には生うどんがひと玉残っていたのでした^^

塩麴レモンうどんレシピ

これってありかも!と思って全くの自己流で作った塩麴レモンうどんが思いのほか美味しかったので、今回はそのレシピのご紹介です。

その前に・・・・私はひところルクエにハマっていた時がありました。正確にはルクエ社のシリコンスチーマー。こんなやつ。

Amazon.co.jp : ルクエ スチームケース ペティート トマト(パッション ...

これを使いだしてからやたらレンチン料理の機会も多くなってきたけど、もしかしたら普通の耐熱容器でも事足りるんじゃない??と思い始めてからは、もっぱら耐熱容器でレンチンする機会が増えました。

レンチン料理のいいところは洗い物が少なくなることと時短になること。だから今回の塩麴レモンうどんもお皿でパパっとレンチンで作ることにしました。

①まずはお皿に生うどんを入れます。(うどんは一度湯通しした方が良かったかも)

②中途半端に残っていたハムを乗せて
③冷凍庫にストックしてあるホームフリージングした刻みネギも乗せて、

④その上に塩麴レモンをかけます。レモンも乗せてね!色がきれいだから❤

⑤ ④にラップをしてレンチンします。ほわ~んとレモンのいい香りがします。

⑥あとは良くかき混ぜて、仕上げに粗びきコショーを振って出来上がり。見た目も癒し系のパステルカラーで、塩麴を使っているのでただの塩味じゃなく香りがいい。レモンの香りも邪魔にならずむしろ調和のとれたレモン風味のうどんが出来上がりました。

たったこれだけなんだけどなぜか美味しい。この私が美味しいと言っているんだから絶対美味しい塩麴レモンうどんのご紹介でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です