1月2日の体重 計測拒否(笑)

塩麴のパワー

おはようございます。大みそかはは家族4人、温泉地で新年を迎え昨日はお昼前に帰宅しました。息子は12月30日に、娘は12月31日の朝に帰省。一足先に帰省した息子とはダイエットの話になり、息子から塩麴レモンのことを聞きました。

何と我が息子、腸活ということで塩麴レモンを作って焼酎と割って飲んでいるんですと!きっかけはたまたまネットで見たんだとか。そういえば最近こんな素敵な飲み物が発売されてましたものね。

キリン麹レモンサワー350ml缶バラ1本

発酵食品の塩麹は名前を聞いただけで体によさげな感じがしますが、実際の話どんな効果があるかというと、食べたものをエネルギーに変えるはたらきを促すビタミンB群や、体に脂肪が蓄積しにくくなる作用を持つ必須アミノ酸を多く含み、さらに善玉菌のエサとなるオリゴ糖を作り、増殖をサポートすることで腸内環境を整える作用も。

ゆえに腸内環境を正常に保つことでお通じがスムーズになり、ダイエットにも効果があるということなんだそうです。

それにレモンを加えることで、レモンは抗ストレス作用のあるビタミンCが豊富なため免疫力がアップ!風邪などを予防してくれ、代謝を整えてくれ体内脂質を抑制する効果があるんですって。

メルカリで無農薬・無消毒国産レモンをゲット

いてもたってもいられなくなった私は息子に「塩麴レモン作ってよ!」と言ってみたところ、息子は快諾!ところが無農薬のレモンなんて簡単に手に入る環境にありません。

そこでもしやと思い、メルカリで探したらありましたよ☺無農薬レモンは12月30日に注文して12月31日発送してもらい、1月1日に無事ゲットすることが出来ました。しかもそのレモンがすごかった!

ご覧の通りゆずも3個入ってましたが見ただけでおいしそうなレモン。

グレープフルーツと間違えそうなぐらいふっくらまん丸のレモンだったり、

こちらでは三つ子のレモンなんてお目にかかることがありません。

レモンの芳香はプンプンで、輪切りにしてみればジューシー。

さらに細かく切ったレモンを絞って炭酸水に入れて飲んでみると、

焼酎で割らなくてもそれだけで満足のできるレモン炭酸水になりました。マジです!!もうニセモノのビールもレモンサワーも要らない!って思えるぐらい(笑)

息子の塩麹レモンレシピ

レモンを切るまでぜ~んぶ息子にやってもらって、あとは塩麴を混ぜるだけで塩麴レモンの出来上がりです。息子は埼玉の業務スーパーで1㎏入りの塩麹を買って作ったそうですが(まるで商売人みたい)、私はイオンでトップバリュの塩麴300gを二つ買って来たものを

混ぜて出来上がり~。

そして煮沸消毒した空き瓶に塩麴レモンを詰めました。

あとは塩麴レモンが熟成?するまで(レモンが柔らかくなるまで)待つばかり。塩麴レモンが熟成したら焼酎はもちろん、ドレッシングやマリネにも使えるんだそうです。今からとても楽しみです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です