2月19日の体重-3.9kg(11月19日を基準とする)

おはようございます。ここのところ耐熱容器でレンチンばかりしています。
すべてがうまく行っているわけでもなく、ぶっちゃけ大失敗もありました。
失敗は成功の素と言いますので、へこたれないで日日是好日です。

耐熱容器レシピもものすごく美味くできたのもあり、そんな時にはこの口が言いたくて仕方がない(笑)

自信作ともいえる超簡単で栄養価も有りお手軽な時短レシピを今回はご紹介したいと思います。

この形容詞の羅列具合からして、かなりおすすめなのはご理解いただけると思います。

大豆のトマトスープレシピ

まずは大豆のトマトスープレシピのご紹介です。

大豆はご存知の通り高タンパク低カロリーな食材。大豆と聞いただけでヘルシーなイメージを持たれる方もたくさんいらっしゃると思います。

大豆タンパク質は様々な健康効果が期待できる!

ところがそれは理解しているけれど、実際の話大豆を煮るなんて面倒くさくてとんでもない!と言っているアナタ!釈迦内ビックにはそのまま使える蒸し大豆が88円(税抜き価格)で売っているんです。

それをスープに入れちゃおうと企んでみましたよ、私。

①耐熱ガラスじゃないけど耐熱容器にまずは薄切りのたまねぎ半個分と冷凍シメジを適宜入れます。冷凍シメジはホームフリージングしたもの。

②それに噂の蒸し大豆一袋を入れて、

③ウインナーソーセージを4~5本分輪切りにしたものも入れます。

④カットトマト缶ひと缶もドバ~っと入れて、

⑤空き缶に水を入れてゆすいだお水も入れちゃいます。だって缶に残ったトマト、もったいないでしょう?お水は缶の半分くらいかな。

⑥それをレンジに3分かけます。玉ねぎは全然硬いままです。

⑦ ⑥をかきまぜてまた3分レンジにかけます。まだ玉ねぎは固かったです。

➇さらに3分で玉ねぎがしんなりしました。レンジにかける時間は玉ねぎの状態を見て加減してくださいね。

⑨味付けしないままの大豆のトマトスープを小さ目の耐熱ガラス容器に移し、

⑩味付けはコンソメ顆粒でもよかったけれど、味噌がものすごく合ったので、お味噌を大さじ1杯弱くらいかな、スープに乗せて冷凍ブロッコリも乗せちゃいました。この状態でお弁当に持って行ったわけですが、

⑪食べる時は職場のレンジで温めて味噌を溶かして食べると、これがうんまいっ!よくもまぁ、トマトとお味噌がいい味を出してくれていました。コレ、マジです。

フレンチトーストグラタンレシピ

さて、ダイエットももう少しでゴール地点に到達です。そうなるともういいかなと思ってしまう私がまるでウサギ。

みなさんはウサギとカメの話、知ってますよね。足の早いウサギがカメと競走するんだけど、高をくくったウサギが昼寝しちゃってカメに負けちゃう話。

私の人生の中でこんなことが往々にしてありました^^;(最悪である)

そのウサギが作ったのがフレンチトーストグラタンだったというわけ。レシピはこちらもすご~く簡単。

①まずは耐熱ガラス容器を用意します。

②それに先日北秋田市のCOCCOYAで買って来た卵を割り入れ、

③牛乳も100CCくらいかなぁ、入れます。牛乳の量は加減してくださいね。あまり多すぎない方がいいです。

④コーヒー用のシュガーも一本入れてよくかき混ぜます。

⑤輪切りにしたバケットを入れて卵液を浸みこませます。だから牛乳は多過ぎない方がいいのです。

⑥ピザ用チーズを乗せて、

⑦ここで耐熱ガラス容器の本領発揮となりますが、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼きます。仕上げにドライパセリを振って出来上がりぃ~。

大豆のトマトスープもフレンチトーストグラタンもめっちゃおいしく出来たので私の中では超大作。リピ間違いなしです。

本当は教えたくなかったけど教えちゃいました。みなさんもぜひ作ってみて下さいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です