1月29日の体重-3.6kg
(11月19日を基準とする)

ミラクルフードだったフランスパン

フランスパンを買いました。フランスパンは久しぶりです。ちなみに私が言うフランスパンはバケットのこと。子供の頃はフランスパンを食べるたびに顎が疲れてしまって、そのうちに満腹になってしまうミラクルフードでした。

だからと言ってフランスパンが嫌いだったわけではなく、表面のカリカリに焼かれていたところがやたら香ばしかったため、むしろ大好きでした。子供心に食べる工夫というのもしていて、私はコーヒー牛乳に浸して食べたものでした。

食パンもコーヒー牛乳に浸して食べていましたが、フランスパンの場合はあっという間にコーヒー牛乳を吸い上げてくれ、それが面白かった記憶があります。

フランスパンのフレンチトースト

お年頃になり自分でも料理をするようになると、フレンチトーストも作るようになりました。フレンチトーストは簡単で美味しいし、小学生の料理クラブでも初心者向けの定番だと思います。

そのフレンチトーストをフランスパンで作ると、それもまた美味しくてね。卵液をどんどん吸い上げてくれるんですよね。だから食パンで作るより早く出来てしまう。

オニオングラタンスープレシピ

今回はフランスパンだからこそ出来そうなものはないかと思い、オニオングラタンスープに挑戦してみました。なにせ材料もシンプルなので、わざわざ食材を買い出しに走る必要もありません。

①薄切りにしたたまねぎを自家製の唐辛子ニンニクオイルで炒めます。我が家にあった玉ねぎは1個と半分。ありったけの玉ねぎを使うことにしました。



②甘みを引き出すようにじっくり炒め続けます。我が家には反射式石油ストーブがあるので、時間をかけながらじっくり炒めることが出来ました。
それでもあまりにも時間がかかるものだから、ややあめ色になったところで終了。

③そしてお水とコンソメキューブを入れて煮込みます。

④味付けはシンプルに塩とあらびきコショーで。

⑤さ~て、フランスパンの出番になります。フランスパンを1センチぐらいの厚さに切ったものを2枚用意。それをきつね色になるまでオーブント-スターで焼きます。

⑥器にオニオンスープを入れて、その上に焼いたフランスパンを乗せます。

⑦パンの上にピザ用チーズを乗せて、器ごとまたオーブントースターに入れて焼きます。

➇チーズがとろ~り溶けたら乾燥パセリ振って出来上がり!


パンをスプーンでスープの中に沈めると、じゅわ~っとオニオンスープが浸みこみ、パンはスプーンで切れるぐらいに柔らかくなりました。

こういうのがささやかな幸せなんだな~と思います。うん!

エノキのマリネレシピ

サイドメニューはエノキダケのマリネ。作り方はとっても簡単で、適当な長さに切ったエノキダケに、ニンニクとうらがしオイルとポン酢を振ってレンチンするだけ。

どんなきのこでも作れるのでやってみて下さいね。ただし、なめこだけはやったことないなぁ。

我が家では定番となったミカンと青汁とバナナと豆乳のスムージーも一緒に。

定番の味と定番の色味です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です