我が家の冷凍庫の中身

おはようございます。お料理は好きですがいつも作るのは簡単料理ばかりです。また料理が好きだからと言って一日中やっているわけでもありません。時と場合によっては時間がないこともあります。

そんなこともあろうかとオフ日には食材をホームフリージングしたりおかずを作り置きをするようにしています。さすがに遅番帰りの21時近くにもなると意識がもうろうとすることもありますから。

またフラダンスの練習がある日は帰宅が21時を過ぎるので家にいる時間が短くなります。まともにご飯を作っていたら一日24時間あっても足りないところ。

忙しい時に威力を発するのが冷凍庫にストックしている食材で、それをご紹介するならば、冷食はほうれんそう、アスパラガス、オクラ、シーフードミックス、ホームフリージングしているのが赤パプリカ、長ネギ、ぶなしめじ、玉ねぎ、大根、しいたけ、きゃべつ、にんじん、さつまいも、レモン、手作りジャム、自分で味付けした豚肉、ちくわ、芋きんつば、がんもどき、なっとう、雑穀米のおにぎり・・・。

これらは冷凍庫を見ないでもわかっている分の食材で、もしかしたらもっとあるかもしれません。また日ごろからこのぐらいストックしてあると買い物に行かなくても十分何とかなるものです。

その日は一品だけでしたが、夕飯にありつけただけでもラッキーぐらいの気持ちでパパっとシーフードパスタを作りました。今日はそのレシピのご紹介です。

冷食とホームフリージング食材で包丁を使わない時短シーフードパスタ

①シーフードパスタなので当然のことながらシーフードミックスを用意します。イオンで300円ぐらい。

シーフードミックスは塩水で解凍するとプリプリ食感になります。

②その日は時短のために、まずはパスタを水の中に浸しておいてからお風呂に入ってました。

<パスタを短時間で茹でる方法>
パスタは水に数時間浸しておくだけでもちもちとした食感になり、茹で時間も短縮されるのです。
二時間以上浸しておいた場合は茹で時間はなんと1分!

お風呂から上がったころにはパスタは水を含み白く色が変わっていました。あとはそれを普通にゆでるだけ。時間までは計っていなかったけれど、ストレスフリーなぐらいの茹で時間でした。

③パスタが茹であがったらあとは早いです。冷凍の薄切り玉ねぎと冷凍のブナシメジと解凍したシーフードミックスを自家製唐辛子ニンニクオイルで炒めて、

④アルデンテ状態のパスタも入れてが~っと炒めます。

⑤色どりだけにはこだわりがあるので赤パプリカも入れてさらに炒め、味付けはめんつゆをひと回しぐらい。麺つゆの量はお好みで加減してくださいね。

⑥パスタをお皿に盛りつけた後に刻み海苔を散らすと、まるでカフェ風シーフードパスタの出来上がりです。パスタの食感も抜群ですが刻み海苔は名脇役としていい味出してくれていました。

余りにも疲れたのでビールを買いに行く気力もなくなり、晩酌はウイスキーのホッピー割り。ホッピーはおっとう(夫)が愛飲しているものですが、飲むものがなかったので試してみたら結構イケた!

水漬けパスタは初めてやりましたが、コレ絶対おすすめです。もちもち感が違います。ぜひやってみて下さいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です