辛い合いびき肉

おはようございます。ちょっと前の話になりますが、最寄りの釈迦内ビックで多めに肉類を買い、合いびき肉は豆板醤を混ぜ込んでフリーザーバックに入れ、4分割できるように折り目をつけてホームフリージングしていました。

ところがその合いびき肉には、実は手元が狂ってしまったため大量の豆板醤を入れてしまったのでした。見た目も赤いしもう絶対辛いのはわかり切っている!!でもこんなことでメゲる私じゃありません。

その時はそぼろ茄子のフジリを作りました。レシピはコチラをご覧ください。

メゲない私の春雨炒めレシピ

その辛い合いびき肉はまだ残っていて、それ以降も美味しく食べる方法はないかとずっと考えていました。今度考えたのが春雨炒めでチャプチェ風のもの。春雨炒めなら願ったり叶ったりです。辛い合いびき肉は自然解凍し、ニラとコチュジャンと春雨は調達し、早めに夕食の準備スタート。

①春雨は思い切って一袋湯がいてしまいました。茹でる手間はひとつ。多めに湯がいても春雨は2~3日日持ちするため半分だけ使い、半分はサラダにでもしようかとすでに構想を練っていました。

湯がいた春雨は水で冷やしてからよく水を切り、適当な長さに切ってからゴマ油をまぶしておきます。春雨は油分でコーティングしておくと水っぽくなりません。

残した春雨は大きめの耐熱ガラス容器に入れてしまいます。次はこの容器のまま調理しちゃおうという魂胆です。

②合いびき肉を炒めてから冷凍長ネギと冷凍赤パプリカと買って来たニラを4~5センチに切ったものを入れます。

また同時進行で半分残しておいたニラはフリーザーバックに入れて冷凍保存することも忘れません。

③赤パプリカに火が通る程度に炒めます。

④ゴマ油をまぶした春雨も投入します。春雨は食べやすい長さに切っておきます。

⑤味付けはすでに豆板醤で下味はつけているので、あとはコチュジャンと醤油を垂らす程度にします。

春雨は食感が良く食べやすいのでどんどんイケちゃいますね。またピリ辛味なのでビールも進みます(笑)

100均の威力

買って来たコチュジャンはダイソーのもの。今となってはオーソドックスになったコチュジャンはどこのスーパーでも買えますが、私の場合使い切れずに賞味期限切れにしてしまうことがほとんどでした。

ところがダイソーのものは少量だけれど使い切るにはちょうどいい量。頻繁に使わない調味料は少量で十分なのです。

豆乳担々麺を作った時にもダイソーでコチュジャン買えばよかったと今頃後悔!

レンチンでキャベツ炒め

夕飯に作ったもう一品はキャベツ炒め。キャベツ炒めと言っても炒めてはいません。レンチンで作ったのです。このキャベツ炒めも魔法レベルで簡単レシピです。冷凍キャベツの食感はやはり生のものより劣りますが、許容範囲と思います。

①耐熱容器に冷凍キャベツを入れます。大きかったらフリーザーバックのままパキパキ割って食べやすい大きさにします。

②ウインナーソーセージは輪切りにして入れます。

③しいたけは薄切りにしますが、ひとパック全部薄切りにしてしまって残った分はホームフリージングに回します。

④自家製の唐辛子ニンニクオイルを垂らしてレンチン。火が通ったら味塩コショーで味付けして出来上がりです。今回もまたレンチンフル稼働です。

レンチンは本当に便利。最近はレンチンに頼る生活になりました。

関連記事




にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村
おうちごはんランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です