2月15日の体重-4.3kg(11月19日を基準とする)

昨日はバレンタインデー

おはようございます。昨日は巷ではバレンタインデー。でも私の場合は普段の日と何ら変わりありません。バレンタインデーは私にとっては何の意味も持たないイベントになってしまいました。でも自分にご褒美のスイーツはありでしょう!いつでも(笑)

昨日はある材料でスイーツを作って癒されておりました。

ある材料とはまずは自家製のレモンの砂糖漬け。
レモンの砂糖漬けはメルカリで買った国産レモンで作ったもの。モノの良い国産レモンをお安く購入できるメルカリってすごい!


レモンの砂糖漬けはその名の通り、薄切りにしたレモンを砂糖をまぶして漬けて置いたもの。お水は一滴も入れていないんですよ。

レモンの砂糖漬けはヨーグルトと混ぜて食べたり料理に使ったこともありましたが、もっと何かに使う方法はないかとずっと思っていました。

また我が家では大鰐のさんきち農園のりんごを大切に食べてきましたが、だんだん柔らかくなりつつある今日この頃。天然の冷蔵庫状態の我が家の神棚でも安心はできないもので、やはり適切に冷蔵保存するべきでしたね。

そのりんごも無駄にはしたくありませんので、思い立ってりんごのコンポートを作ることにしました。りんごのコンポートは久しぶり。きっかけは職場の人がりんごのコンポートを作っていたから。

私はいいと思ったものはどんどん真似しちゃう人。逆に私のレシピでもいいと思ったものがあったらどんどん真似ちてね! (By 借りてきた猫)

甘えるの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

りんごのコンポートレシピ

肝心のりんごのコンポートレシピは・・

①りんごを12等分ぐらいの大きさに切ってから皮を剥きます。
②りんごの種は私は面倒くさがりなので直線に切っちゃいます。これで作業効率が倍増します。

③鍋にりんごがひたひたになるくらいの水と、

④作り置きのレモンの砂糖漬け1/3個分とシロップ、砂糖大さじ3~4杯も入れて、我が家の反射式石油ストーブにかけておくだけ。

⑤落し蓋をするとシロップ液が密着して効率よく煮詰めることが出来ます。

⑥ところがこれだけではうまく出来ません。冷まさないといけないのです。冷ますことでぶわぶわなりんごにシロップ液が浸みこんでしっとりとしたりんごのコンポートが出来上がるのです。

一晩おいた次の日。りんごのコンポートはシロップが浸みこみジューシーな仕上がりになっていました。

ほろ苦大人味のりんごのコンポートアイスアレンジレシピ

①さて食べる段階になってそのままだとあまりにも面白くない。そういえば冷凍庫に冷凍イチゴがあったんだっけ。よ~し、それを飾り付けちゃおう。

いちごは凍ったままだったけど、シロップをいちごにまわしかけながら自然解凍を待つ・・

いちごが良い具合に半解凍状態になりました。

②今度は冷凍庫にバニラアイスをストックしてあることを思い出しました。よ~し、それも飾り付けちゃおう。

我が家の冷凍冷蔵庫はドラえもんのポケットと見せかけて、このデザートに合いそうなものはもう何もありません。なのであとは実食!

完成するまでただのひとつも味見はしてませんでしたが、食べてみるとまるで大人味。レモンの砂糖漬けはレモンの酸味のとがった感じはなく、レモンの皮のほんのりとした苦みがあるため、りんごのコンポートもかすかに苦い。かすかに苦いんだけど、いや~苦さじゃなく優しい苦さ。ほろ苦。

バニラアイスはグリコのバニラティエ。バニラビーンズシード入りで甘すぎないところがいい。

バニラティエのパッケージ


それがほろ苦りんごのコンポートと合わさったことで甘すぎない大人のりんごのコンポートアイスが出来上がりました。


今わたしはダイエット中なんだけど、そのゴールはフラダンスの発表会の日か健康体重目標達成時と決めてる割には、りんごのコンポートアイスで癒されました。

その後、想定外のお楽しみがありました。りんごのコンポートのシロップがあまりにももったいなかったのでブレンダーにかけて、

さらに牛乳も足してもう1回ブレンダーにかけて、ヨーグルトみたいなドリンクを作っちゃったんです☺ うんまいっ!

関連記事

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です