道の駅二ツ井はしいたけが充実

おはようございます。ただいま私は県北以外の外出は自粛中につきお出かけは激減。それこそ冬場はお籠り生活ばかりでした。昨日はお天気が悪かったけど、許される範囲でちょっとばかりお出かけしたくなり、道の駅ふたついに行ってきました。

道の駅ふたつい

二ツ井町は今でこそ市町村合併により能代市になりましたが、かつては山本郡二ツ井町であり県内屈指の景勝地「きみまち阪県立自然公園」がある場所、かつて明治天皇がこの地を訪れた際、皇后からの「恋文」が届いていた場所なのでした。

そのロマンチックな「恋文」にちなんで「きみまち恋文全国コンテスト」が開催され、全国から多くのラブレターが寄せられました。実は道の駅ふたついにはその「第1回日本一心のこもった恋文」大賞に輝いた熱いラブレターが展示してあるのです。

そのラブレターはかなり話題となりましたので記憶にある方もいると思いますが、もしこちらに来る機会があったらどうぞ道の駅でご覧いただければと思います。

また道の駅ふたついでは産直品ではしいたけが充実しています。実は私、そのために足を運んだと言っても過言ではありません。産直処では案の定500gで380円超お買い得しいたけが鎮座していました。ところがその並びに400g250円のおつとめ品を発見!

おつとめ品は多少不揃いだけれど味は何の問題もナッシング!自家消費用ですので当然すぐに飛びついた私です。難を言えば袋の中が汗をかいていたことでしょうか(う~ん・・)

幸い私はマイかごを持参していたので、車に戻るなりかごにフリーペーパーを敷いてしいたけを袋から出し、乾燥させたという我ながら神対応❤(本当は傘が下になるように乾燥させた方が良かったことを後で思い出す)

帰宅後はすぐにしいたけ料理でもと思いましたが、よく考えたら冷凍庫にストックしている冷凍しいたけを先に食べるべきと主婦思考になりました。

市販のチーズピザを照り焼き味にアレンジ

ピザを焼くと言ったってこの私のこと、当然簡単な方法しか考えていません。我が家の冷凍庫には市販品のピザを冷凍保存しているので、それに冷凍しいたけを使うことにしました。

さらには買い置きのサラダチキンもあったのでそれも使うことにしました。

①パッケージから取り出したチーズピザを1分ほどレンチンして解凍します。

②サラダチキンを薄切りにしてピザに乗せ、

③冷凍しいたけも乗せ、

④焼き鳥のたれをかけて、

⑤更にピザ用チーズを乗せて、

⑥オーブントースターで焼きます。焦げやすいので気をつけてね。

⑦仕上げに刻み海苔を振ればあっという間にピザ屋さん顔負けの照り焼きピザの出来上がりです。なにより冷凍しいたけを使い切れたのがよかったと思っています。

市販品のピザアレンジは私、よくやるんです。ピザ屋さんごめんなさいって思うくらい。もう私はこの呪縛から逃れられそうにありません。

キムチ納豆冷や奴レシピ

ピザを焼いている間に作ったもう一品は冷や奴アレンジでした。材料は豆腐、納豆、キムチ、冷凍きざみオクラの4品です。

①型崩れした豆腐はご愛嬌です。

②納豆をボールに空け添付調味料を混ぜ、

③冷凍オクラも混ぜ(混ぜているうちに解凍するんじゃないかという安易な考え方がワタシ流)

④キムチも入れてよく混ぜます。

⑤あとは豆腐にかけるだけで出来上がりです。

発酵食品同士、ねばねば食品同士のご一行様状態ですが、淡白な豆腐にとてもよく合う一品です。そしてピザも全部平らげてしまった私をどうかお許しください。

関連記事

にほんブログ村と人気ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です