おはようございます。ちまたではGWに突入した方もいらっしゃると思いますが、皆さんいかがお過ごしですか?今年のGWのお天気は雨マーク続きで、晴天も長続きしない模様。それに加えてコロナウィルスの大流行です。

自粛生活を余儀なくされた方々の中には暇を持て余していらっしゃる方もいると思いますが、そんな方々に少しでもおうち時間を有意義に過ごしていただきたいと思って、お料理が苦手な方にも簡単に出来る和風パスタレシピのご紹介をしたいと思います。

騙していないけど騙されたみたいに簡単に出来るので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

実は日曜日の過ごし方がわからない

私が結婚して30数年、実はおっとう(夫)と一緒に日曜日を過ごしてきたことはあったかもしれませんが、記憶の中ではないに等しい生活をしてきました。家で過ごすという意味ですが。

なぜならおっとうが単身赴任していたり日曜日に勤務していたこともあるし、私がシフト勤務で日曜日に出勤していたりのために、すれ違いの生活をしてきたからです。

そういう生活は私にとっては何の不思議もないことであり、ひとりでお昼ご飯を食べるのも普通のことでした。だからよその家では日曜日にはどんな風に家族で過ごすものなのかいまだにわかりません。

日曜日のお昼ご飯は?

ただお昼ご飯については食べるか食べないかの2択だと思うし、だれが作るかについては自分で作るか誰かに作ってもらうかだと思うんですよね。

これは想像というか妄想ですが、日曜日は家族で大騒ぎしながらお昼ご飯を作っている家庭もあるだろうし、パパが腕を振るってくれる家庭もあるのかも。

更に想像というか妄想ですが、父の日や母の日には子どもがご飯を作ってくれるなんて言うお家もあるのかもしれませんね。我が家ではもう無理ですが。

いずれにせよ今回は騙していないけど騙されたみたいに誰が作っても簡単に出来る和風パスタレシピのご紹介です。

ちくわとホームフリージング食材で和風パスタ

私の中ではもうパスタは茹でるものではなくなりました。どういう意味かって、パスタは水に浸しておくと茹で時間も時短になり、茹でるというよりは煮て作ったものだからでした。

①水に浸しておいたパスタを用意します。

②浸しておいた水はある程度捨てて、煮た状態にしてパスタを茹で(?)ます。水分が足りなければ足せばいいだけだし、多かったら捨てればいいだけです。

③パスタが柔らかくなったらバターを入れて、わが家ではキャベツを冷凍庫にストックしているので、それも適宜入れます。

④冷凍のスライスしいたけも入れます。

⑤我が家ではメニューのあてもありませんでしたが、何かに使ってもいいと思ってちくわの輪切りを冷凍していたものもありました。それも投入します。

⑥味付けは自家製ニンニク醤油をかけて炒めます。

⑦最後に冷凍の長ネギも入れます。長ネギの青いところが入ると色どりもきれいになります。色どりだけは私のこだわりです。

➇最後に刻み海苔を振って出来上がりです。

バターとにんにく醤油が合わさると風味が豊かになり、刻み海苔を少しでも加えることで海苔のいい香りも相まって、とてもおいしい和風パスタが出来上がりました。

食材は時間がある時や調理のついでにホームフリージングをしていたもので、それさえ心がけるようにしていればその都度切る作業を省くことができるのです。(このブログで何度もお話してきましたが)

私は食べるのが早い人なのですが、この作り方だと作るのも魔法のようにあっという間に出来るので、ぜひお試しいただきたいと思います。

関連記事

にほんブログ村と人気ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です