朝食にお弁当に!パパっと簡単パンレシピ集

たまに振り返らないと、何を作って来たのか忘れてしまいます。

※3月10日の記事です。

私は振り返らない

おはようございます。歩んできた人生は振り返らないように心がけています。嬉しかったことも、楽しかったことも、楽しかったことでもです!嫌なことも、恥ずかしかったことも、悔しかったことも、思い出したくないことも。過ぎてしまったことはほんの一瞬の出来事。すべては一瞬の集合体です。

また自分に降りかかってきたどんな出来事も、所詮まわりの人にとってはどうでもいいこと。自分が思っているほどまわりの人は気にしていないんじゃないかなって思っています。だから嫌なことがあっても深く考えずに、お気楽人生を送っていられるんだと思います、私(笑)

振り返るのも大事

ところが料理については話は別で、作ってきた料理はたまに振り返らないと、何を作って来たのか忘れてしまいます。こんなの作ったことあったんだ~と思うと、それが励みになってまた創作意欲が湧いたりします、私(笑)

今回は私が作ったパンレシピを振り返ってみたいと思います。

どんどん食についても欲の無くなってきた爺ちゃんが、珍しく『うんめな』と過剰反応したレシピで、思わず『してやったり!』と思ったパンメニューでした。

食パンにシチューをかけただけなので楽ちんです。チーズを乗せて焼くとパンシチューグラタンになりますし、シチューのリメイクにもなりますね。

バケットは急いで食べると顎が疲れますが(笑)カリッカリに焼いた時にはお菓子レベルで美味しい❤。

卵とベーコンのゴールデンコンビを、バケットの上に乗せただけでスペシャル感が漂います。

パンメニューに野菜が使われていないときなどは、 野菜スープをプラスすれば栄養満点になります。

スープは野菜を何でも煮込んだ、トマトを使ったイタリアの野菜スープ「ミネストローネ」がおすすめ。

ボロボロッとしたザラザラッとした、食べたら味のあるライ麦パンが無性に食べてくなった時に作ったサンドイッチです。

サンドイッチはボリュームたっぷりの分厚いサンドイッチにしてみました。

サンドイッチに挟むものは何でもいいと思いますが、森のバターと言われるアボカドを使うと、濃厚なサンドイッチが出来上がります。

クリームチーズを使ったサンドイッチも美味しいですね。もっと厚くもっと美味しくを目指します。

ほんのひと手間で、カフェ風スクランブルエッグトーストを作ることだってできます。

難を言えば、100年の恋も冷めてしまうような食べにくいサンドイッチだということでした。

蜂蜜バタートーストにアイスクリームを乗せると、こちらもカフェ風になります。

更には冷凍ベリーもトッピングするとカフェに負けてません(笑)

冷凍サンドイッチを作り置きしておくと、ランチにはそのまま持って行けるし、お昼には自然解凍になっているのですごく楽ちん!

これがワタシ流、時間を生み出す技とも言えます。

いかかでしたか?たまに振り返るのもいいものですね。

にほんブログ村
節約弁当ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です